巨大地震の発生後に在宅避難が可能な場合の防災グッズ

日本中を震撼させる大規模な地震が起きれば、電気・水道・ガスなどのライフラインがストップすることが予想されます。

今までから数多くの地震を経験してきている私達日本人なら、ほとんどの人が理解していると思います。

地震が起きた時に私達が先ず頭に浮かぶ事は、避難場所への逃げることを思いつくのがごく一般的な考え方ではないでしょうか。

しかし、ここで避難場所への避難が最も良い方法かと言えば、そうでない場合もあります。

もし巨大地震が発生した場合、あなたの自宅に居住するのが安全であることが確認できたのなら、そのまま自宅避難が良いです。

なぜなら避難場所は普段の私達が暮らしている自宅とは環境が全く異なります。

つまり環境の変化によって体調を崩すこともあるからです。

自宅が避難場所として安全が確認できるのであれば、食料・水・日用雑貨品など予め防砂グッズの用意をしておくと安心です。

ライフラインの復旧が長引けば長引くほど、日用雑貨を含めた防災グッズが役に立ちます。

巨大地震が発生してからは、防災グッズの準備は出来ませんので、何も事が起きていない今の内に準備しておくのが肝心ではないでしょうか。

防災グッズなら楽天1位獲得の【ディフェンドフューチャー】

発生が予想されている南海トラフ巨大地震に備えて 防災対策

発生が予想されている南海トラフ巨大地震に備えて 防災対策

今後発生が予想されている南海トラフ巨大地震では、30年以内に70%位の確率で発生すると言われています。

でもその発生が実際に何年後の何時になるのかは、誰もが分かりません。

以前から地震予知は難しいと言われていますが、実際に発生するまで私達にはどうすることも出来ないのが現状です。

将来に発生する事が予想されいる南海トラフ巨大地震や首都直下型地震、その他日本の何処で巨大地震が起きても不思議でないとまで言われているほど、日本は地震大国です。

これらの巨大地震の発生を止めることも出来ず、どうする事も出来ないのが私達です。

しかし発生してからの対処法を準備しておくのとおかないのでは、その後の生活に大きな違いが出てくる場合があります。

これは非常に大切な事ではないでしょうか。

その方法の一つとしてお考え頂きたいのは、防災グッズを準備しておくことです。

この防災グッズは、震災直後の3日間を生き抜くためのとても必要なものです。

日本の住宅のほとんどが消火器を設置しているのに、この防災グッズは設置されているのがまだ少数と聞いています。

記憶に新しいところでは、阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などが発生していますが、それでも防災グッズの設置は意外と少ないのが残念ですね。

東日本大震災の経験では、震災直後の3日間は救援物資や救援隊の到着が遅れた地域がありました。

しかし、今後発生が予想さている南海トラフ巨大地震は、東日本大震災よりもさらに震災が広範囲になる事が予想されています。

そうなれば、震災直後の3日間どころではないかも知れません。

その為にも、防災グッズはあなたを守る為の道具として、今から常備されてはどうでしょうか?

防災グッズなら楽天1位獲得の【ディフェンドフューチャー】

 

 

あなたに合った介護職を見つけてみませんか?

今の職場に限界を感じている方の為の地域密着の介護求人

 

 

毎日が平穏であるために地震対策 防災 グッズの用意を

毎日が平穏であるために地震対策 防災 グッズの用意を

最近では自然災害の内、地震災害のニュースは聞くこともなく、どちらかと言いますと異常気象により予想外の水害が発生している話題ばかりが目立ちます。

もちろん自然災害による水害は昔からありましたが、ここ数年に起きている水害は想定外なものばかりになってきているのも事実です。

中には一時間雨量が100ミリを超える場合もあります。

もちろん今、日本中で起きている水害も、予想外に大きなものばかりで各地で甚大な被害が出ています。

「なんでこんなことが起きるの?」と目を疑いたくなるものばかりですね。

地球温暖化の影響もあるかも知れません。

この異常気象による水害で、自宅を失われた人も多くいらっしゃいます。

過去の水害と比べて現在の水害の方が規模がより甚大なものとなってきているのではないでしょうか。

しかし、今は異常気象による水害被害ばかりに私たちの注意が向いていますが、影を潜めている自然災害の内の巨大地震が突然襲ってきたとしたら、ただ驚くばかりで直ぐにどう行動したら良いのか、迷ってしまうかもしれません。

巨大地震に対しては、学者や国、自治体等は地震活動などの情報収集をされているでしょうが、私たちは何も気にもしていないで生活しているのが実情ではないでしょうか。

私たち自身、むしろ今の平穏を保っている事に無神経になっているように思います。

しかし地震に関してですが、あなたがこの平穏な生活の中で地震対策として何一つ対応が出来ていないとしたら、ちょっとまずいかもしれません。

何故なら、東日本大震災や九州・熊本を中心とした巨大地震が発生した後、次の数十年以内に発生する可能性があるのが南海トラフ巨大地震かも知れないからです。

この地震は過去に定期的に発生していることが分かっていて、発生範囲も九州から関東までと言われているだけあって、かなり広範囲です。

発生する可能性が高いと言われているだけに、とっさの時に必ず役立つ防災グッズなどの地震対策をするべき時ではないでしょうか。

地震対策をあなたでする必要がある理由の一つには、この地震の発生範囲が広大過ぎて、もし発生直後に避難所に行ったところで、被災者が沢山出ることになり、災害物資等も直ぐには避難所には無いかもしれません。

つまり、あなた自身であなたの身を守る必要に迫られる巨大地震が南海トラフ巨大地震かもしれないのです。

震災直後の少なくても3日間を生き抜く為の防災セットを用意して置くのは、これから地震大国日本で生活していくうえで必須ではないでしょうか。

お薦めの防災グッズは下記サイトをご覧下さい。
防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】

 

 

 

介護職員初任者研修の取得をお考えの場合は、下記から詳しく説明しています。

介護施設で働きながら無料で介護職員初任者研修の取得が可能となっていますので、是非ご覧下さい。

介護ヘルパー2級(介護職員初任者研修)取得方法とは

地震 避難 する時これだけは忘れないで 防災グッズ

地震 避難 する時これだけは忘れないで 防災グッズ

巨大地震や災害が発生した場合に誰もが思いつくことは、直ぐに避難する事だと思います。

あなたもそうですよね。

もちろん、あなたが今いる場所が安全なら、そこに留まっていても良いのですが、ただし電気、ガス、水道などのライフラインがストップしてしまっていたら、生活が出来ません。

たとえあなたの身が安全であったとしても、この様な場合にはトイレはもちろん、調理に使う電気、ガスや水道が使えなくなっているので、生活が成り立ちませんね。

あなたがどうしても無理だと判断されたら、直ぐに避難所に向かわなければなりません。

ただし、全ての避難所に行けば満足できるものが揃っていると思われがちですが、やはり避難所でも震災直後では、何もかもそろっているとは限らないものです。

そのことを考えたら、3日間を生き抜くことをコンセプトに作成された防災グッズが必要です。

つまり3日間程度の飲食料・生活用品はあなた自身で確保しておかないといけない場合もあります。

この防災グッズの中身は、33種類39点の防災用品をセットにしてリュックサックに入れてあります。

この防災グッズがあなたの手元にあれば、仮に避難所へ行けなかったとしても3日間は生き抜くことが出来ますので、その間に救援隊が来てくれたり救援物資を届けてくれます。

このように地震で避難する時には、これだけは準備ー防災グッズーは必ず忘れない様にしましょう。

楽天ランキング市場各部門で第1位獲得の防災グッズは下記からどうぞ。

 

介護職の求人をお探しの人は、是非ご覧下さい。

あなたが求めている理想とする介護の仕事求人

 

 

いざという時に安心、直ぐに役立つ防災グッズ

いざという時に安心、直ぐに役立つ防災グッズ

近年日本各地で起きている巨大地震、あなたは何かの備えはしていますか?

小さな地震は毎日のように日本各地で起きていますが、微弱地震の場合は体では感じないので、地震が起きていても知らないまま過ごしています。

しかし巨大地震の場合は直接体で体感してしまいますが、頻繁に起こらない為、起きてからしばらく時間が経てば何もなかったかのように過ごしてしまうのが私たちではないでしょうか?

もちろん何もなかったかのように過ごしてしまうのは被災していない人の場合ですので、巨大地震で被災された人なら心にも深いキズ痕として残っていくことになるかも知れません。

この様に過去に巨大地震で被災された人からの教訓では、災害時に必要な道具の防災グッズ が有ったら良かったと言われていました。

あなたを含め日本中の誰もが、まさか明日、明後日にも被災するとは思っていないわけですが、巨大地震等の震災は日本の何処かで突然発生するわけですから、それに備えておかなければなりません。

もし今あなたが被災したとしたら、3日間の飲食料と生活用品確保しておく必要が有ります。

何故なら、今まで日本で起こった巨大地震の教訓では、震災後3日間位はライフライン(電気、水道、ガス等)が途絶える地域がありました。

3日以降は復旧活動が本格化し、多くの人が支援に来てくれます。

この教訓から、少なくても3日間はあなたの自力での生活を考えておかなければならないからです。

ここで必要となるのが、防災グッズと言われている、飲食料と生活用品を一つのリュックサックにまとめた物です。

震災直後3日間を生きることをコンセプトにされた防災グッズは、震災時に本当に必要で、かつ軽量なグッズ33種類を取りそろえています。

『備えあれば憂いなし』の諺の様に、あなたが被災してしまった時の為に、今からご準備されておかれることをお薦めします。

防災グッズについて詳しい事は、下記からどうぞ。
防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】

 

無資格の人が介護職を希望されている場合は必見です。無資格でも働くことが出来ます。

無資格で働きながら、資格取得をしたい方介護 資格

 

 

 

日頃から備えを 防災 グッズ 必要 な もの

日頃から備えを 防災 グッズ 必要 な もの

2016年11月22日に福島県沖で発生したM7.4の地震では、福島、茨城、栃木各県で震度5弱を観測したと発表されています。

大きな被害は出なかったらしいですので、良かったです。

しかし、2016年になってからは全国各地で大きな地震が起きています。これは日本列島の地震活動が、活発になってきているということの証でしょうか。

近い将来に発生が予想されている南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震、また日本の何処で発生しても不思議でない巨大地震など、発生時期がより早まらないかと、益々心配になってきます。

日本は世界的にも有数の地震大国です。

地球を覆ているプレートの数は大きく分けて14~15枚と言われていますが、その内4枚が日本列島に存在しています。ですから、非常に地震が多いことが理解できます。

私たちが住んでいる日本列島がこんな状況ですから、近未来に発生する巨大地震を避けることは出来ません。

しかし、巨大地震が発生した後の事を考えて、万が一の時のために日ごろから備えをしておくことは可能です。

では、何故日ごろから備えをしておくのかということですが、巨大地震が発生した場合、ほとんどの地域で電気、水道、ガス等のライフラインが停止してしまうことがあります。

そうなると、飲料水、食料品等をあなたの近くのコンビニやスーパーへ買いに出かけると思います。

しかし、このコンビニやスーパーもあなたと同じように被災していますので、閉店していたり、開店していても食料品の棚には商品が何も無い状態の場合が多いです。

震災直後に救援隊や救援物資が届くのが、震災後2~3日くらいかかった地域があったことが、東日本大震災の時に判明しました。

つまり、震災直後のあなたが3日間生き抜くための災害備えが必要になってくるです。

災害の備えとして、防災セットを平穏な今の内に準備しておくことをお薦めします。

楽天ショップ販売開始早々ランキング1位を獲得した防災セットは、下記からどうぞ。

防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】

 

看護・介護のお仕事をお探しの方。お仕事が初めての場合は、派遣から始めてみませんか?

巨大地震で被災した場合の準備は出来ていますか? 非常 袋

巨大地震で被災した場合の準備は出来ていますか? 非常 袋

日本は地震大国と言われていますが、本当に地震の多い国ですね。

それだけに、私たちはいつかは被災するかも知れません。これからも、私の所は大丈夫などと安心していてはいけません。

明日は我が身かと、少し危機意識を持た方が良いです。

2016年を振り返ると、九州・熊本を中心とした巨大地震が発生しました。それに続いて鳥取県でも発生しましたので、突然に発生する巨大地震の恐怖に日本中が震え上がった一年でもありました。

地殻変動というのが私たちには分からないだけに、非常に不気味です。

今後日本の何処でその牙を剥い巨大地震を発生させるのか、本当に心配になる今日この頃です。

地震大国ですから微弱地震も含めると日常茶飯事発生していますが、巨大地震は忘れた頃にしか発生しない為、その時は恐怖でしかありません。

今後発生が予想されている巨大地震として、近い将来に南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震、その他に巨大地震が日本の何処でも発生する可能性があると言われています。

つまり日本に住んでいる以上は、何処が安全とは言い切れないのではないでしょうか。

自然災害ですから私たちの力ではどうすることも出来ませんが、せめて被災した場合の準備だけはしておくに越したことはないと思います。

その為の準備として、非常持ち出し袋と言われている、防災セットが入った防災リュックが必要になってくるのです。

震災直後の2~3日間は、救援隊や救援物資が届かない地域が発生する可能性があります。

その為にしばらくは、あなたに誰も救いの手を差し伸べてくれる人がいないと思ってもらった方がよさそうです。

この非常袋(防災リュック)は、仮に被災した時に、あなたが3日間生き抜くための道具となります。

軽くても中身はしっかり揃っています。その中身は、食料、飲料、被災時の生活に最低限必要な物、防寒対策品等、被災された人の声を元に、防災のプロである防災士が厳選して作り上げたものです。

楽天ショップ販売開始早々ランキング1位を獲得した防災リュックは、下記からどうぞ。

 

介護のお仕事をお探しの方は下記からどうぞ。

介護の仕事をするのに無資格でも可能です。

嫌と思っていても、何もかもが不便になる 防災 対策

嫌と思っていても、何もかもが不便になる 防災 対策

あなたの立場で、ちょっとこんな事考えてみて下さい。

今まで当たり前の様に使っていた、電気、水道、ガス等のライフラインがピタッとストップしまうと、あなたにとっては未知の世界に入った様に不便な生活を強いられます。

停電しているから、夜は暗闇で懐中電灯やローソクの灯りが頼りになり、水道も止まっている為、ご飯も炊けない、ガスも止まっているから調理も出来ない。

もちろん震災時に一番困ること、トイレが使えない。シャワーすら出来ない。

この時が、2月の極寒の時期なら寒さで震え上がることも考えられます。

全て今まで普通に使っていたものが、使えないので、この時ばかりはライフラインのありがたみがよ~く分かる時です。

ライフラインが閉ざされた生活等考えられないかも知れませんが、もしあなたの周りで巨大地震が発生して被災したら、実際こんな感じになると予測されます。

最近では、熊本の巨大地震、鳥取の巨大地震と続けて同年に発生しましたが、被災された人は全く予測もされてなかったはずです。

今度巨大地震が発生して被災するのは、明日は我が身かと謙虚に受け止めて心の準備をしておく必要があるのではないでしょうか。

日本は地震大国と言われているくらい地震が多い国です。

近未来に発生が予測されている南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震、また日本全国の何処で起きても不思議ではない巨大地震に、私たちはいつも前向きで立ち向かわないといけないのです。

巨大地震等の自然災害に対しては、私たちはほとんどなす術がありません。

しかし、震災時にあなたの命をまもる災害セットを防災対策としてあらかじめ準備しておけば、災害が起こってからしばらくは自力で生活することが可能です。

日頃から防災対策として何も準備していない場合は、もしもの時にはどうしようもありません。

何故なら東日本大震災の時には一部の地域で震災直後の3日間は、救援隊や救援物資などの到着が遅れた場合があったからです。

つまり震災直後の3日間を生き抜くための防災セットを準備しておけば、救援隊や救援物資が遅れても3日間は自力で生き延びることが出来ます。

そこで、各ご家庭に消火器が設置されているように、防災セット(災害セット)も設置する必要があるのではないでしょうか。

楽天ショップ販売開始早々ランキング1位を獲得した防災セットは、下記からどうぞ。


 

あなたが思うように介護の仕事が見つからないとお悩みでしたら、是非下記サイトをご利用ください。

あなたのイメージ通りにピッタリ合う介護の仕事

避難する時に必ず持ち出すもの- 避難 リュック –

避難する時に必ず持ち出すもの- 避難 リュック –

地震大国と言われるほど、日本では地震が多いです。その為、私たちはある程度は地震に対して慣れているかも知れませんが、巨大地震となれば地震になれていると言っても、やはり怖いですよね。

しかし、地震は突然襲ってくるため、ほとんどの人はとっさに、慌てて逃げることだけ思いつきます。

避難する為に逃げることは当然必要ですが、揺れが収まってからあなたの身の安全が確保出来たら、落ち着いて急いで行動しながら、避難リュックの持ち出しが可能なら持ち出す事が重要です。

近年、東日本大震災と熊本の巨大地震の2つが発生しましたが、この2つの巨大地震では日本中の人を震え上がらせました。

それ程、地震の規模と被害が大きかった為です。

ところで、もしあなたが巨大地震で被災して、日常の生活が出来なくなってしまった場合は、何を思いつきますか?

まず最初に思いついてほしいのが、避難する時に持っていくものです。持ち物としては、避難用のリュックサックになります。避難する時に大事な事は、両手は常に空けておくのがベストです。

なお、避難リュックには、あなたが3日間生き抜く為の必要最低限の防災グッズが入っていなければなりません。余分なものを入れると、かえって避難時に邪魔になります。

あとは救援隊や救援物資の到着を待つことになります。東日本大震災の経験から震災後、2~3日で救援隊や救援物資がほぼ到着したようです。

避難リュックの中身の防災グッズリストは実際に被災された人の声を形にして、プロである防災士が厳選して出来上がったものです。

しかも、避難時に疲れないようにと、8歳くらいのお子様でも担いで歩き回れるように、重さは約4.2kgと軽量さにこだわっています。

今後の発生が心配されている、南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震、その他日本の何処に住んでいても、発生の可能性のある巨大地震が予想されています。

避難リュックの準備は、平穏な今の内に準備しておくことをお薦めします。

あなたやあなたの家族が、震災直後の3日間を生き抜くための避難リュックは、下記からどうぞ。

防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】

 

介護職員初任者研修を無料で取得出来る事をご存知ですか?

介護職員初任者研修を無料で取得

準備できていますか?あなたが3日間を生き抜く為の非常食

準備できていますか?あなたが3日間を生き抜く為の非常食

災害が発生して被災してしまった場合、あなたが3日間を生き抜く為の非常食は準備できていますか?

近年、発生した東日本大震災や熊本を中心に発生した巨大地震は、甚大な被害をもたらしました。

この時は、日本中の人々を震撼させたのはもちろんでしたが、海外の人々まで震災の恐ろしさを思い知らせました。

災害には、台風、大雪、その他の災害とともに巨大地震による甚大な災害まで含まれます。

しかし、その中でも特に甚大な被害をもたらす可能性のあるものは、巨大地震です。

今後も予想されているのが、南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震、日本の何処に住んでいても起こりうる可能性のある巨大地震等、地震大国と言われている日本の住んでいる以上、何処に住んでいても避けることは出来ません。

その為に、私たちは必ず最低限の防災対策はしておかなくてはならないのです。

冒頭で、あなたが3日間生き抜く為の非常食の準備の有無を問いましたが、これは東日本大震災の時に、震災直後の2~3日間は救援隊や救援物資の到着が遅れた地域があったことが判明しました。

つまり、場合によっては、あなたが震災直後の3日間を自力で生き抜く必要があるのです。

巨大地震で被災したら、電気、水道、ガス等のライフラインがストップするケースがほとんどです。

電気、水道が使えないからお米も炊けません。

もちろんトイレも使えないし、携帯の充電も出来ません。

3日間を生き抜く為には、最低限の飲料水と食料が必要です。また被災した時期がさらに運が悪く2月の極寒に当たる時期としたら、防寒対策グッズが必要になってきます。

この為、非常食も含めた防災グッズと言われている防災セットが必要になってきます。

防災セットの中には、当然のことながら非常食も含まれています。この非常食とは5年間保存が可能なアルファ米です。ごはんには水分が含まれている為に、喉が渇きにくい利点が有る為です。

また被災者の方の中には、炊き出しで「温かいご飯が食べられたのがとても良かった」とおっしゃられる方います。食料、飲料水を温められる加熱パックも入ってあります。

このように防災セットの中には、あなたが3日間を生き抜く為必要なものが入ってあります。しかし、飲料水にしても食料にしても3日あれば良く、それ以上は必要ありません。

それ以後は、救援隊や救援物資が届くから、それに頼れば良いのです。

その為、防災セットは重量約4.2kgと軽量に出来ていて、女性や8歳の小学生でも担いで動き回ることができます。

あなたが3日間を生き抜く為の防災セットは、下記からどうぞ。
防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】

 

介護職の転職をお考えの人は、下記からどうぞ。

今の介護職に不満がある人は転職しませんか?介護求人サイト