平穏な今の内に準備しておきましょう -緊急避難セット-

平穏な今の内に準備しておきましょう -緊急避難セット-

巨大地震などの災害が発生して自宅から避難しなければならなくなった場合に、着の身着のままに緊急脱出することも起こり得ます。

しかし、この時緊急避難セットと言われるものも一緒に持ち出せたら、何よりも心強いに違いありません。

東日本大震災が発生した時は、有ったら良かったものとして、緊急避難セットが教訓として伝えられています。

緊急避難セットは別名防災リュックとも言われていますが、その中身のリストはこの様に入っています。どれも緊急避難時には欠かせないものばかりです

この緊急避難セットは、防災士が作った3日間を生き抜くための防災グッズを集めて、一つの撥水加工された防災リュックに入っています。

あなたがもし巨大地震などの自然災害で被災した場合に、震災直後の3日間を自力で生き抜く必要があります

何故ならば、震災直後は救援隊や救援物資が届かないことが、東日本大震災で被災した一部の地域で判明したからです。

九州・熊本を中心とする巨大地震以降、日本全国で小規模な地震は度々発生しているものの、その後大きな地震は発生していない時期がありましたが、またしても鳥取県で大きな地震が発生しました。

またこれから先に、南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震、また日本全国どこに住んでいても巨大地震が起きても不思議ではないと言われています

私たちは、今が平穏だからと安心してはいけないのです。いつ巨大地震に遭遇するかも知れないのです。その時の為に緊急避難セットを、今の内に用意しておけば安心出来ます。

緊急避難時は必ず両手を空けておくことが大事です。

つまり、緊急避難セットはリュックサックになっていますので両手は常に空いていますし、重さも、女性や8歳のお子様でも楽々担げる約4.2kgと軽量に出来ています。

3日間を生き抜くための防災グッズのお求めは、下記よりどうぞ。

 

介護職をされている人で、仕事の悩みを抱えていらっしゃる人も多いかと思います。

そんな時は、是非お読みください。

介護施設ではほとんどの人が経験するでしょう 介護職 悩み