カテゴリー別アーカイブ: 災害 用品

絶対生き延びてやる – 防災 食料 –

絶対生き延びてやる – 防災 食料 –

震災が起きるとほとんどの場合は、ライフラインがストップしてしまうことがよくあります。

ライフラインがストップすると言う事は、電気や水道が使えなくなってしまうのです。

やがて食料や飲料水も底をつき、不便な生活を余儀なくされます。過去の経験から、巨大地震などの震災直後の3日間は、救援隊や救援物資などは届かない地域があったことが判明しています。

しかも、避難生活を強いられることになれば、共同生活となり、精神的、肉体的にも疲労やストレスが溜まってしまいます。

もし、自宅での避難生活が出来るのなら、疲労やストレスは少しは軽減されますが、電気、水道、ガス等はもちろん使えません。もしこれが冬季の場合でしたら、寒さ対策も必要になってきます。

あなたがもし被災した場合(明日は我が身か?)、色々な場合を想定すると(凍えてしまうような時期、雨天が続く日等)、何も無しでは自宅での被災生活すら、不可能な状態になるのではないでしょうか。

電気が使えないので、携帯も使用できません暖房も出来ません

水や食料が尽きたからといって、コンビニに行っても被災していて、営業していません

まして一人暮らしでの被災は、誰も励まし合える人は居ないわけですので、最悪です。

こんな場合でも、自力で生き延びなくてはなりません。

周りの人も皆被災していて誰もが同じ条件です。頼る人は誰もいません。こうなった時の為には、震災直後の3日間を生き抜くために頼る物は、災害時に必要な道具(防災セット)しかありません。

何度も言いますが、この防災セットの中身は、震災直後の3日間を生き抜くためをコンセプトに作られています。

楽天ショップ販売開始早々1位を獲得した防災セットは、下記へどうぞ。


震災時に一番困ること – 非常用 トイレ -が無い

震災時に一番困ること- 非常用 トイレ -が無い

巨大地震などでライフラインがストップしてしまった場合、今までの便利な生活から一変して非常に不便な生活になってしまいます。

あなたは、電気、水道、ガス等のライフラインと言われるものを、普段当たり前の様に使われていますが、これが急にストップしたらどうしようかと考えたことはありませんか?

まず最初に水道が出ないとなると、水洗トイレが流せない、手も洗えないことになります。

しかし食事は我慢できても、トイレだけは我慢できません。となると、何としてでも用を足さなくてはなりません。

この様に災害時の問題の一つがトイレです。このことから、最悪な時の事を考えて作られているのが、防災グッズと言われている、非常用持ち出し袋なのです。

この非常用持ち出し袋の中身の一つに、非常用簡易トイレが入ってあります。水洗トイレの水が流れない時は、この簡易トイレを使って用を足すことが出来ます。

非常用持ち出し袋は被災者の声を形にした物で、災害時に必要な道具として作られたものです。

しかも、セット内容は必要最小限に抑えられていながら、必要な物ばかりが一つのリュックに収まっています。

この防災グッズは、巨大地震など震災直後の2日~3日間は救援隊、救援物資が届かないことがありますので、その為に、震災直後の3日間を生き抜くためをコンセプトに作成されています。

近い将来必ず起こるとされる、南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震、また日本の何処に住んでいても発生する可能性のある巨大地震。私たちは避けていくことはできないのです。

今の内に是非、防災グッズを備えるようにお薦めします

3日間生きることをコンセプトにした防災グッズは、下記からどうぞ。

防災のプロである防災士が厳選した – 災害 用品 –

防災のプロである防災士が厳選した – 災害 用品 –

巨大地震が発生すると、ライフラインが途絶える場合が大半です。そうなると、自分で自分の命を守るために、3日間は食料、飲料水、生活用品は必ず確保しておく必要があります。

なぜ3日間生きるための災害時に必要な道具が必要になって来るのでしょうか。それは、震災直後の3日間は、救援隊、救援物資が届かない状態が続くことが過去の経験から証明されているからなんです。

しかし、3日間を過ぎれば救援隊などによる、復旧活動の手を差し伸べに来てくれることも分かっています。

つまりこちらでご紹介している災害用品は、震災直後にあなたが3日間を生き抜く為をコンセプトにして作成されています。

では、災害用品としてどのような物が必要になってくるのでしょうか。

食料、飲料水は当然の事ですが、今の時代になくてはならないもの、例えば、電気が無くても携帯やスマホの充電が出来る道具。

寒さから体を保護するエアーマットやブランケット等、31種類の防災アイテムが撥水加工を施した1つの防災リュックにまとめられています。

さらに、8才くらいのお子様でも背負える様にと、重量は約4.2kgと抑えております。

あなたやあなたの大切な家族を守る災害用品をおすすめします。

あなたが3日間を生き抜くための災害用品は、詳しくは下記へどうぞ。


今の内に揃えておきたい – 防災グッズ リスト –

今の内に揃えておきたい – 防災グッズ リスト –

東日本大震災の時には、防災グッズが必要と考えながらも、実際に用意までできた人は少なかったようです。

しかし2016年4月14日に発生した九州・熊本を中心とした巨大地震をきっかけに防災グッズを用意した人、あるいは今すぐにでも用意しようと考えている人は、かなり増えてきてきました。

ただ、防災グッズ(防災セット)を用意したとしても、その中身について実際に役立つものがどれくらい入っているのかは素人判断では難しいものです。

ここでプロの防災士の目線から見た防災グッズの中身は、いざという時に役立つものを揃えています

欲を出せばこれ以外にも、あれば便利ものもありますが、必要最小限にしぼり、あなたが3日間を生き抜くためのみを考えたものです。

防災グッズリストは、下記のようになりました。

防水加工リュック ダイナモLED
ライト・ラジオ
モーリアンヒートパックM
(発熱剤3個入)
布製軍手 ホイッスル ロープ
万能ナイフ レインコート カット綿
絆創膏(大) 絆創膏(小) 歯ブラシ
綿棒 テープ ピルケース
ウェットティッシュ マスク ポーチ
三角巾 包帯 アルミブランケット
使い捨てカイロ ウォータータンク 簡易トイレ(1回分✕3)
エアーマット ラップ レジャーシート
5年保存水(500ml)✕3 アルファ米✕3 防災マニュアル(PDF)
micro USBケーブル Lightningケーブル ID用紙

今回おすすめする防災グッズ3つのおすすめ理由には、上記リストに掲げた物全てが入っていて、尚且つ重量4.2kgと軽量化した防水リュックサックに収められています

今の内に揃えておきたい防災グッズは、下記からどうぞ。
防災グッズなら楽天1位獲得の【ディフェンドフューチャー】