カテゴリー別アーカイブ: 緊急避難セット

避難する時に必ず持ち出すもの- 避難 リュック –

避難する時に必ず持ち出すもの- 避難 リュック –

地震大国と言われるほど、日本では地震が多いです。その為、私たちはある程度は地震に対して慣れているかも知れませんが、巨大地震となれば地震になれていると言っても、やはり怖いですよね。

しかし、地震は突然襲ってくるため、ほとんどの人はとっさに、慌てて逃げることだけ思いつきます。

避難する為に逃げることは当然必要ですが、揺れが収まってからあなたの身の安全が確保出来たら、落ち着いて急いで行動しながら、避難リュックの持ち出しが可能なら持ち出す事が重要です。

近年、東日本大震災と熊本の巨大地震の2つが発生しましたが、この2つの巨大地震では日本中の人を震え上がらせました。

それ程、地震の規模と被害が大きかった為です。

ところで、もしあなたが巨大地震で被災して、日常の生活が出来なくなってしまった場合は、何を思いつきますか?

まず最初に思いついてほしいのが、避難する時に持っていくものです。持ち物としては、避難用のリュックサックになります。避難する時に大事な事は、両手は常に空けておくのがベストです。

なお、避難リュックには、あなたが3日間生き抜く為の必要最低限の防災グッズが入っていなければなりません。余分なものを入れると、かえって避難時に邪魔になります。

あとは救援隊や救援物資の到着を待つことになります。東日本大震災の経験から震災後、2~3日で救援隊や救援物資がほぼ到着したようです。

避難リュックの中身の防災グッズリストは実際に被災された人の声を形にして、プロである防災士が厳選して出来上がったものです。

しかも、避難時に疲れないようにと、8歳くらいのお子様でも担いで歩き回れるように、重さは約4.2kgと軽量さにこだわっています。

今後の発生が心配されている、南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震、その他日本の何処に住んでいても、発生の可能性のある巨大地震が予想されています。

避難リュックの準備は、平穏な今の内に準備しておくことをお薦めします。

あなたやあなたの家族が、震災直後の3日間を生き抜くための避難リュックは、下記からどうぞ。

防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】

 

介護職員初任者研修を無料で取得出来る事をご存知ですか?

介護職員初任者研修を無料で取得

平穏な今の内に準備しておきましょう -緊急避難セット-

平穏な今の内に準備しておきましょう -緊急避難セット-

巨大地震などの災害が発生して自宅から避難しなければならなくなった場合に、着の身着のままに緊急脱出することも起こり得ます。

しかし、この時緊急避難セットと言われるものも一緒に持ち出せたら、何よりも心強いに違いありません。

東日本大震災が発生した時は、有ったら良かったものとして、緊急避難セットが教訓として伝えられています。

緊急避難セットは別名防災リュックとも言われていますが、その中身のリストはこの様に入っています。どれも緊急避難時には欠かせないものばかりです

この緊急避難セットは、防災士が作った3日間を生き抜くための防災グッズを集めて、一つの撥水加工された防災リュックに入っています。

あなたがもし巨大地震などの自然災害で被災した場合に、震災直後の3日間を自力で生き抜く必要があります

何故ならば、震災直後は救援隊や救援物資が届かないことが、東日本大震災で被災した一部の地域で判明したからです。

九州・熊本を中心とする巨大地震以降、日本全国で小規模な地震は度々発生しているものの、その後大きな地震は発生していない時期がありましたが、またしても鳥取県で大きな地震が発生しました。

またこれから先に、南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震、また日本全国どこに住んでいても巨大地震が起きても不思議ではないと言われています

私たちは、今が平穏だからと安心してはいけないのです。いつ巨大地震に遭遇するかも知れないのです。その時の為に緊急避難セットを、今の内に用意しておけば安心出来ます。

緊急避難時は必ず両手を空けておくことが大事です。

つまり、緊急避難セットはリュックサックになっていますので両手は常に空いていますし、重さも、女性や8歳のお子様でも楽々担げる約4.2kgと軽量に出来ています。

3日間を生き抜くための防災グッズのお求めは、下記よりどうぞ。

 

介護職をされている人で、仕事の悩みを抱えていらっしゃる人も多いかと思います。

そんな時は、是非お読みください。

介護施設ではほとんどの人が経験するでしょう 介護職 悩み

震災時にあなたの命をまもる – 防災 バック –

震災時にあなたの命をまもる – 防災 バック –

自然災害の無い時期がしばらく続くと、私たちは普段の生活を同じように毎日繰り返して生活しています。

この平穏な生活も、一度の巨大地震等、大災害が起きれば、180度生活が変わってしまいます。

巨大地震が発生した場合は、ほとんどの場合に、電気、水道、ガス等のライフラインがストップしてしまうことが、過去の経験から分かっています。

このライフラインと言われるものは、どれか一つストップしてしまっただけでも、生活に重大な影響を与えます。

例えば水道がストップしてしまったらまず災害時に一番困ることが、トイレの水が流れないので使用不能となることです。しかし、トイレだけはどうしても我慢するわけにはいきません。

次に困ることは、飲料水の問題です。あなたの近くにコンビニがあるとすると、そこのコンビニも必ずと言っていいほど被災しています。

そうなると、そこのコンビニは閉店していたり、開いていても商品の置かれている棚には何もないことはよくあることです。

震災時期が冬季でも、飲料水がないと脱水症状となることも考えられます。

三番目に困ることは、食べ物が無い事です。先ほどのコンビニの話に戻りますが、やはり商品の置かれている棚には何もないことはよくあります。

こうなってくると、トイレの問題、飲料水の問題、食べ物の問題と、あなたが生きる為の問題が次から次へと起きてきます。

震災直後の3日間をあなた自身で生き延びなくてはならないのです。ではこの3日間とは、救援隊の到着や救援物資の到着が滞る期間だということです。

東日本大震災の時には、地域によっては3日間、この支援がなされなかったことが判明しています。

つまり、震災直後に3日間をあなた自身で生き延びることが出来れば、あとは救援隊や救援物資の到着を待てば良い事になります。

例えば震災時期が極寒の2月前後の時期だとしますと、上記であげた問題以外に、寒さ対策も必要です。また震災時に多少の怪我をすることもあるでしょう。

電気が使えないので、今時なくては困る携帯の充電も出来ません。夜になると真っ暗になり、少しでも照らせる明かりが欲しいでしょう

こういった必要なものを一まとめにした防災バックがあれば、ひとまず安心です。

今後も近未来に予想されている南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震、あるいは日本の何処で起きても不思議ではない巨大地震に備えて、今の内に防災グッズを揃えておかれることをお薦めします。

震災直後の3日間を生き抜くための防災バックは、下記よりお求めいただけます。

 

人間関係の良い職場を厳選した介護職求人

絶対生き延びてやる – 防災 食料 –

絶対生き延びてやる – 防災 食料 –

震災が起きるとほとんどの場合は、ライフラインがストップしてしまうことがよくあります。

ライフラインがストップすると言う事は、電気や水道が使えなくなってしまうのです。

やがて食料や飲料水も底をつき、不便な生活を余儀なくされます。過去の経験から、巨大地震などの震災直後の3日間は、救援隊や救援物資などは届かない地域があったことが判明しています。

しかも、避難生活を強いられることになれば、共同生活となり、精神的、肉体的にも疲労やストレスが溜まってしまいます。

もし、自宅での避難生活が出来るのなら、疲労やストレスは少しは軽減されますが、電気、水道、ガス等はもちろん使えません。もしこれが冬季の場合でしたら、寒さ対策も必要になってきます。

あなたがもし被災した場合(明日は我が身か?)、色々な場合を想定すると(凍えてしまうような時期、雨天が続く日等)、何も無しでは自宅での被災生活すら、不可能な状態になるのではないでしょうか。

電気が使えないので、携帯も使用できません暖房も出来ません

水や食料が尽きたからといって、コンビニに行っても被災していて、営業していません

まして一人暮らしでの被災は、誰も励まし合える人は居ないわけですので、最悪です。

こんな場合でも、自力で生き延びなくてはなりません。

周りの人も皆被災していて誰もが同じ条件です。頼る人は誰もいません。こうなった時の為には、震災直後の3日間を生き抜くために頼る物は、災害時に必要な道具(防災セット)しかありません。

何度も言いますが、この防災セットの中身は、震災直後の3日間を生き抜くためをコンセプトに作られています。

楽天ショップ販売開始早々1位を獲得した防災セットは、下記へどうぞ。


あなたは大丈夫ですか?- 地震 避難 –

あなたは大丈夫ですか?- 地震 避難 –

日本に住んでいる以上は、今迄からも、これからも、誰でも、何処に居ても地震を経験していたり、経験します。

しかし、巨大地震はそう頻繁に起こるものではありませんので、日本人の中でもそれ程多くの人が経験してはいないのではないでしょうか。

先日の熊本を中心とする巨大地震では、日本列島を横切る中央構造線といわれる断層帯がそこから東に延びていることで話題になりました。

この中央構造線は全長1,000km以上に及ぶと言われています。

今回の九州・熊本を中心とする巨大地震が、大分県を越えてさらに中央構造線に沿って東へと強い地震が広がる可能性はあるのかは、地震研究者の間でも見方は様々なようです。

いずれにしても、最近耳にする南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震などが心配されますが、地震に対する備えとし今の内からシッカリ防災準備をする為に、防災訓練、避難訓練も非常に大事になります。

住んでいて重要な事の一つに、地域のコミュニティがしっかりしていると、万が一災害が起こった時にはお互いが助け合い、支え合いながら協力していくことが出来ます。

防災訓練、避難訓練は地域のコミュニティーがより強いほど、必ず定期的に行われるようになり、密度の濃いものになっていきます。

ただ、問題なのは巨大地震による震災が起きた時は、地域の住民全員が被災者となる為、震災後3日間前後は強固なコミュニティーすら機能しない場合があります。

つまり3日間は自ら生き延びなくてはならない為、災害時に必要な道具の防災グッズが必要になります。この防災セットは防災のプロである防災士が厳選して作り上げたものです。

3日間を生き抜くための防災セットは、下記よりどうぞ。


今の内に用意しておけば安心 – 避難 準備 持ち物 –

今の内に用意しておけば安心 – 避難 準備 持ち物 –

東日本大震災の時に、防災グッズの必要性を感じながら、ついつい今まで準備するのを先延ばしにしてきた人も多かったみたいです。

しかし、先日の熊本を中心とする巨大地震以降から、準備する人がかなり増えてきています。

今回の熊本を中心とする巨大地震では、活断層が日本列島を東の方向に繋がって延びていることが発表されてから、南海トラフ巨大地震、首都直下型巨大地震などとの関連性が危惧されています。

防災グッズとしてこれだけは準備される人が増えてきたのは、やはりこの南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震を真剣に心配している人が増えてきたからだと思われます。

今後いつ起こるともしれない南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震ですが、地震学者の間では、いつ起きても不思議ではないと言われています。

もし南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震が起きた場合、その被害は計り知れないと言われています。

それだけに、当然被災者の数も相当数出るわけですから、救援隊や救援物資の到着も、今までの東日本大震災の時や熊本を中心とする巨大地震の時よりも、もっともっと遅れる可能性があります。

もし地震が起きたら、地域のコミュニティが一番大事になってきますので、地域の皆が協力し合っていかなければなりません。

しかし、この様な巨大地震の場合、地域の住民皆が被災者となってしまいますので、当面は自分の身の安全や家族の身の安全は、全て自分たちで確保しないと誰も助けてくれる状況ではないってことになります。

災害時に必要な道具である防災グッズ は、非常時に役だつ物とばかりです。

しかも、防災グッズの中身の一部である飲料水と食料品5年間保存がきく物であるため、緊急避難をした時に賞味期限切れだったという心配はありません。

震災直後にあなたが3日間を生き抜くための必需品として、今から用意しておくのが賢明かと思います。

3日間を生き抜くための防災グッズは下記からどうぞ。