カテゴリー別アーカイブ: 避難 準備 持ち物

準備できていますか?あなたが3日間を生き抜く為の非常食

準備できていますか?あなたが3日間を生き抜く為の非常食

災害が発生して被災してしまった場合、あなたが3日間を生き抜く為の非常食は準備できていますか?

近年、発生した東日本大震災や熊本を中心に発生した巨大地震は、甚大な被害をもたらしました。

この時は、日本中の人々を震撼させたのはもちろんでしたが、海外の人々まで震災の恐ろしさを思い知らせました。

災害には、台風、大雪、その他の災害とともに巨大地震による甚大な災害まで含まれます。

しかし、その中でも特に甚大な被害をもたらす可能性のあるものは、巨大地震です。

今後も予想されているのが、南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震、日本の何処に住んでいても起こりうる可能性のある巨大地震等、地震大国と言われている日本の住んでいる以上、何処に住んでいても避けることは出来ません。

その為に、私たちは必ず最低限の防災対策はしておかなくてはならないのです。

冒頭で、あなたが3日間生き抜く為の非常食の準備の有無を問いましたが、これは東日本大震災の時に、震災直後の2~3日間は救援隊や救援物資の到着が遅れた地域があったことが判明しました。

つまり、場合によっては、あなたが震災直後の3日間を自力で生き抜く必要があるのです。

巨大地震で被災したら、電気、水道、ガス等のライフラインがストップするケースがほとんどです。

電気、水道が使えないからお米も炊けません。

もちろんトイレも使えないし、携帯の充電も出来ません。

3日間を生き抜く為には、最低限の飲料水と食料が必要です。また被災した時期がさらに運が悪く2月の極寒に当たる時期としたら、防寒対策グッズが必要になってきます。

この為、非常食も含めた防災グッズと言われている防災セットが必要になってきます。

防災セットの中には、当然のことながら非常食も含まれています。この非常食とは5年間保存が可能なアルファ米です。ごはんには水分が含まれている為に、喉が渇きにくい利点が有る為です。

また被災者の方の中には、炊き出しで「温かいご飯が食べられたのがとても良かった」とおっしゃられる方います。食料、飲料水を温められる加熱パックも入ってあります。

このように防災セットの中には、あなたが3日間を生き抜く為必要なものが入ってあります。しかし、飲料水にしても食料にしても3日あれば良く、それ以上は必要ありません。

それ以後は、救援隊や救援物資が届くから、それに頼れば良いのです。

その為、防災セットは重量約4.2kgと軽量に出来ていて、女性や8歳の小学生でも担いで動き回ることができます。

あなたが3日間を生き抜く為の防災セットは、下記からどうぞ。
防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】

 

介護職の転職をお考えの人は、下記からどうぞ。

今の介護職に不満がある人は転職しませんか?介護求人サイト

平穏な今の内に準備しておきましょう -緊急避難セット-

平穏な今の内に準備しておきましょう -緊急避難セット-

巨大地震などの災害が発生して自宅から避難しなければならなくなった場合に、着の身着のままに緊急脱出することも起こり得ます。

しかし、この時緊急避難セットと言われるものも一緒に持ち出せたら、何よりも心強いに違いありません。

東日本大震災が発生した時は、有ったら良かったものとして、緊急避難セットが教訓として伝えられています。

緊急避難セットは別名防災リュックとも言われていますが、その中身のリストはこの様に入っています。どれも緊急避難時には欠かせないものばかりです

この緊急避難セットは、防災士が作った3日間を生き抜くための防災グッズを集めて、一つの撥水加工された防災リュックに入っています。

あなたがもし巨大地震などの自然災害で被災した場合に、震災直後の3日間を自力で生き抜く必要があります

何故ならば、震災直後は救援隊や救援物資が届かないことが、東日本大震災で被災した一部の地域で判明したからです。

九州・熊本を中心とする巨大地震以降、日本全国で小規模な地震は度々発生しているものの、その後大きな地震は発生していない時期がありましたが、またしても鳥取県で大きな地震が発生しました。

またこれから先に、南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震、また日本全国どこに住んでいても巨大地震が起きても不思議ではないと言われています

私たちは、今が平穏だからと安心してはいけないのです。いつ巨大地震に遭遇するかも知れないのです。その時の為に緊急避難セットを、今の内に用意しておけば安心出来ます。

緊急避難時は必ず両手を空けておくことが大事です。

つまり、緊急避難セットはリュックサックになっていますので両手は常に空いていますし、重さも、女性や8歳のお子様でも楽々担げる約4.2kgと軽量に出来ています。

3日間を生き抜くための防災グッズのお求めは、下記よりどうぞ。

 

介護職をされている人で、仕事の悩みを抱えていらっしゃる人も多いかと思います。

そんな時は、是非お読みください。

介護施設ではほとんどの人が経験するでしょう 介護職 悩み

震災時にあなたの命をまもる – 防災 バック –

震災時にあなたの命をまもる – 防災 バック –

自然災害の無い時期がしばらく続くと、私たちは普段の生活を同じように毎日繰り返して生活しています。

この平穏な生活も、一度の巨大地震等、大災害が起きれば、180度生活が変わってしまいます。

巨大地震が発生した場合は、ほとんどの場合に、電気、水道、ガス等のライフラインがストップしてしまうことが、過去の経験から分かっています。

このライフラインと言われるものは、どれか一つストップしてしまっただけでも、生活に重大な影響を与えます。

例えば水道がストップしてしまったらまず災害時に一番困ることが、トイレの水が流れないので使用不能となることです。しかし、トイレだけはどうしても我慢するわけにはいきません。

次に困ることは、飲料水の問題です。あなたの近くにコンビニがあるとすると、そこのコンビニも必ずと言っていいほど被災しています。

そうなると、そこのコンビニは閉店していたり、開いていても商品の置かれている棚には何もないことはよくあることです。

震災時期が冬季でも、飲料水がないと脱水症状となることも考えられます。

三番目に困ることは、食べ物が無い事です。先ほどのコンビニの話に戻りますが、やはり商品の置かれている棚には何もないことはよくあります。

こうなってくると、トイレの問題、飲料水の問題、食べ物の問題と、あなたが生きる為の問題が次から次へと起きてきます。

震災直後の3日間をあなた自身で生き延びなくてはならないのです。ではこの3日間とは、救援隊の到着や救援物資の到着が滞る期間だということです。

東日本大震災の時には、地域によっては3日間、この支援がなされなかったことが判明しています。

つまり、震災直後に3日間をあなた自身で生き延びることが出来れば、あとは救援隊や救援物資の到着を待てば良い事になります。

例えば震災時期が極寒の2月前後の時期だとしますと、上記であげた問題以外に、寒さ対策も必要です。また震災時に多少の怪我をすることもあるでしょう。

電気が使えないので、今時なくては困る携帯の充電も出来ません。夜になると真っ暗になり、少しでも照らせる明かりが欲しいでしょう

こういった必要なものを一まとめにした防災バックがあれば、ひとまず安心です。

今後も近未来に予想されている南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震、あるいは日本の何処で起きても不思議ではない巨大地震に備えて、今の内に防災グッズを揃えておかれることをお薦めします。

震災直後の3日間を生き抜くための防災バックは、下記よりお求めいただけます。

 

人間関係の良い職場を厳選した介護職求人

後悔しない為に、今の内からシッカリ – 防災 準備 –

後悔しない為に、今の内からシッカリ – 防災 準備 –

あなたは防災の為に、何か準備しようとは思いませんか?

防災の準備と言われても、以外と思いつかないものかも知れませんね。

今まで過去の巨大地震の被災者から、被災した直後にあったら良かったとされている物は、防災セットと言われている災害時に必要な道具です。

東日本大震災の時は、震災直後の2日~3日間は、救援隊や救援物資が届かない地域があったことが判明しています。

このことから、震災直後の3日間を自力で生き抜くための防災セットが必要であったことが分かりました。

今後30年間の間に日本国内で巨大地震が発生する可能性が高いとされていることは、あなたもご承知の事でしょう。しかし、その地震が日本の何処で発生するかは、誰も予測することが出来ません。

たちまち迫っているとされている、南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震でさえも、1年先なのか、10年先なのか、或いは30年先なのかは誰も予測できないのです。

しかし、あなたの気持ちの持ち方一つで、日本の何処で、何時起きても心の準備は出来ているようにするに越したことはありません

準備万端と言えることは、決してありませんが、準備するなら今でしょう

気持ちの準備をしているだけでも、いざ巨大地震に遭遇した時、ある程度の冷静さは保って次に起こせる行動が早いのではないでしょうか。

防災セットの中身は、ほとんどの物が、長期に使い続けられる物です。例え賞味期限がある飲料水、食料でも、5年間は保存がきくものが入ってあります。

あなたが3日間を自力で生き抜くための防災準備は、下記へどうぞ。


今の内に用意しておけば安心 – 避難 準備 持ち物 –

今の内に用意しておけば安心 – 避難 準備 持ち物 –

東日本大震災の時に、防災グッズの必要性を感じながら、ついつい今まで準備するのを先延ばしにしてきた人も多かったみたいです。

しかし、先日の熊本を中心とする巨大地震以降から、準備する人がかなり増えてきています。

今回の熊本を中心とする巨大地震では、活断層が日本列島を東の方向に繋がって延びていることが発表されてから、南海トラフ巨大地震、首都直下型巨大地震などとの関連性が危惧されています。

防災グッズとしてこれだけは準備される人が増えてきたのは、やはりこの南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震を真剣に心配している人が増えてきたからだと思われます。

今後いつ起こるともしれない南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震ですが、地震学者の間では、いつ起きても不思議ではないと言われています。

もし南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震が起きた場合、その被害は計り知れないと言われています。

それだけに、当然被災者の数も相当数出るわけですから、救援隊や救援物資の到着も、今までの東日本大震災の時や熊本を中心とする巨大地震の時よりも、もっともっと遅れる可能性があります。

もし地震が起きたら、地域のコミュニティが一番大事になってきますので、地域の皆が協力し合っていかなければなりません。

しかし、この様な巨大地震の場合、地域の住民皆が被災者となってしまいますので、当面は自分の身の安全や家族の身の安全は、全て自分たちで確保しないと誰も助けてくれる状況ではないってことになります。

災害時に必要な道具である防災グッズ は、非常時に役だつ物とばかりです。

しかも、防災グッズの中身の一部である飲料水と食料品5年間保存がきく物であるため、緊急避難をした時に賞味期限切れだったという心配はありません。

震災直後にあなたが3日間を生き抜くための必需品として、今から用意しておくのが賢明かと思います。

3日間を生き抜くための防災グッズは下記からどうぞ。



今の内に揃えておきたい – 防災グッズ リスト –

今の内に揃えておきたい – 防災グッズ リスト –

東日本大震災の時には、防災グッズが必要と考えながらも、実際に用意までできた人は少なかったようです。

しかし2016年4月14日に発生した九州・熊本を中心とした巨大地震をきっかけに防災グッズを用意した人、あるいは今すぐにでも用意しようと考えている人は、かなり増えてきてきました。

ただ、防災グッズ(防災セット)を用意したとしても、その中身について実際に役立つものがどれくらい入っているのかは素人判断では難しいものです。

ここでプロの防災士の目線から見た防災グッズの中身は、いざという時に役立つものを揃えています

欲を出せばこれ以外にも、あれば便利ものもありますが、必要最小限にしぼり、あなたが3日間を生き抜くためのみを考えたものです。

防災グッズリストは、下記のようになりました。

防水加工リュック ダイナモLED
ライト・ラジオ
モーリアンヒートパックM
(発熱剤3個入)
布製軍手 ホイッスル ロープ
万能ナイフ レインコート カット綿
絆創膏(大) 絆創膏(小) 歯ブラシ
綿棒 テープ ピルケース
ウェットティッシュ マスク ポーチ
三角巾 包帯 アルミブランケット
使い捨てカイロ ウォータータンク 簡易トイレ(1回分✕3)
エアーマット ラップ レジャーシート
5年保存水(500ml)✕3 アルファ米✕3 防災マニュアル(PDF)
micro USBケーブル Lightningケーブル ID用紙

今回おすすめする防災グッズ3つのおすすめ理由には、上記リストに掲げた物全てが入っていて、尚且つ重量4.2kgと軽量化した防水リュックサックに収められています

今の内に揃えておきたい防災グッズは、下記からどうぞ。
防災グッズなら楽天1位獲得の【ディフェンドフューチャー】