カテゴリー別アーカイブ: 防災グッズ

毎日が平穏であるために地震対策 防災 グッズの用意を

毎日が平穏であるために地震対策 防災 グッズの用意を

最近では自然災害の内、地震災害のニュースは聞くこともなく、どちらかと言いますと異常気象により予想外の水害が発生している話題ばかりが目立ちます。

もちろん自然災害による水害は昔からありましたが、ここ数年に起きている水害は想定外なものばかりになってきているのも事実です。

中には一時間雨量が100ミリを超える場合もあります。

もちろん今、日本中で起きている水害も、予想外に大きなものばかりで各地で甚大な被害が出ています。

「なんでこんなことが起きるの?」と目を疑いたくなるものばかりですね。

地球温暖化の影響もあるかも知れません。

この異常気象による水害で、自宅を失われた人も多くいらっしゃいます。

過去の水害と比べて現在の水害の方が規模がより甚大なものとなってきているのではないでしょうか。

しかし、今は異常気象による水害被害ばかりに私たちの注意が向いていますが、影を潜めている自然災害の内の巨大地震が突然襲ってきたとしたら、ただ驚くばかりで直ぐにどう行動したら良いのか、迷ってしまうかもしれません。

巨大地震に対しては、学者や国、自治体等は地震活動などの情報収集をされているでしょうが、私たちは何も気にもしていないで生活しているのが実情ではないでしょうか。

私たち自身、むしろ今の平穏を保っている事に無神経になっているように思います。

しかし地震に関してですが、あなたがこの平穏な生活の中で地震対策として何一つ対応が出来ていないとしたら、ちょっとまずいかもしれません。

何故なら、東日本大震災や九州・熊本を中心とした巨大地震が発生した後、次の数十年以内に発生する可能性があるのが南海トラフ巨大地震かも知れないからです。

この地震は過去に定期的に発生していることが分かっていて、発生範囲も九州から関東までと言われているだけあって、かなり広範囲です。

発生する可能性が高いと言われているだけに、とっさの時に必ず役立つ防災グッズなどの地震対策をするべき時ではないでしょうか。

地震対策をあなたでする必要がある理由の一つには、この地震の発生範囲が広大過ぎて、もし発生直後に避難所に行ったところで、被災者が沢山出ることになり、災害物資等も直ぐには避難所には無いかもしれません。

つまり、あなた自身であなたの身を守る必要に迫られる巨大地震が南海トラフ巨大地震かもしれないのです。

震災直後の少なくても3日間を生き抜く為の防災セットを用意して置くのは、これから地震大国日本で生活していくうえで必須ではないでしょうか。

お薦めの防災グッズは下記サイトをご覧下さい。
防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】

 

 

 

介護職員初任者研修の取得をお考えの場合は、下記から詳しく説明しています。

介護施設で働きながら無料で介護職員初任者研修の取得が可能となっていますので、是非ご覧下さい。

介護ヘルパー2級(介護職員初任者研修)取得方法とは

地震 避難 する時これだけは忘れないで 防災グッズ

地震 避難 する時これだけは忘れないで 防災グッズ

巨大地震や災害が発生した場合に誰もが思いつくことは、直ぐに避難する事だと思います。

あなたもそうですよね。

もちろん、あなたが今いる場所が安全なら、そこに留まっていても良いのですが、ただし電気、ガス、水道などのライフラインがストップしてしまっていたら、生活が出来ません。

たとえあなたの身が安全であったとしても、この様な場合にはトイレはもちろん、調理に使う電気、ガスや水道が使えなくなっているので、生活が成り立ちませんね。

あなたがどうしても無理だと判断されたら、直ぐに避難所に向かわなければなりません。

ただし、全ての避難所に行けば満足できるものが揃っていると思われがちですが、やはり避難所でも震災直後では、何もかもそろっているとは限らないものです。

そのことを考えたら、3日間を生き抜くことをコンセプトに作成された防災グッズが必要です。

つまり3日間程度の飲食料・生活用品はあなた自身で確保しておかないといけない場合もあります。

この防災グッズの中身は、33種類39点の防災用品をセットにしてリュックサックに入れてあります。

この防災グッズがあなたの手元にあれば、仮に避難所へ行けなかったとしても3日間は生き抜くことが出来ますので、その間に救援隊が来てくれたり救援物資を届けてくれます。

このように地震で避難する時には、これだけは準備ー防災グッズーは必ず忘れない様にしましょう。

楽天ランキング市場各部門で第1位獲得の防災グッズは下記からどうぞ。

 

介護職の求人をお探しの人は、是非ご覧下さい。

あなたが求めている理想とする介護の仕事求人

 

 

いざという時に安心、直ぐに役立つ防災グッズ

いざという時に安心、直ぐに役立つ防災グッズ

近年日本各地で起きている巨大地震、あなたは何かの備えはしていますか?

小さな地震は毎日のように日本各地で起きていますが、微弱地震の場合は体では感じないので、地震が起きていても知らないまま過ごしています。

しかし巨大地震の場合は直接体で体感してしまいますが、頻繁に起こらない為、起きてからしばらく時間が経てば何もなかったかのように過ごしてしまうのが私たちではないでしょうか?

もちろん何もなかったかのように過ごしてしまうのは被災していない人の場合ですので、巨大地震で被災された人なら心にも深いキズ痕として残っていくことになるかも知れません。

この様に過去に巨大地震で被災された人からの教訓では、災害時に必要な道具の防災グッズ が有ったら良かったと言われていました。

あなたを含め日本中の誰もが、まさか明日、明後日にも被災するとは思っていないわけですが、巨大地震等の震災は日本の何処かで突然発生するわけですから、それに備えておかなければなりません。

もし今あなたが被災したとしたら、3日間の飲食料と生活用品確保しておく必要が有ります。

何故なら、今まで日本で起こった巨大地震の教訓では、震災後3日間位はライフライン(電気、水道、ガス等)が途絶える地域がありました。

3日以降は復旧活動が本格化し、多くの人が支援に来てくれます。

この教訓から、少なくても3日間はあなたの自力での生活を考えておかなければならないからです。

ここで必要となるのが、防災グッズと言われている、飲食料と生活用品を一つのリュックサックにまとめた物です。

震災直後3日間を生きることをコンセプトにされた防災グッズは、震災時に本当に必要で、かつ軽量なグッズ33種類を取りそろえています。

『備えあれば憂いなし』の諺の様に、あなたが被災してしまった時の為に、今からご準備されておかれることをお薦めします。

防災グッズについて詳しい事は、下記からどうぞ。
防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】

 

無資格の人が介護職を希望されている場合は必見です。無資格でも働くことが出来ます。

無資格で働きながら、資格取得をしたい方介護 資格

 

 

 

日頃から備えを 防災 グッズ 必要 な もの

日頃から備えを 防災 グッズ 必要 な もの

2016年11月22日に福島県沖で発生したM7.4の地震では、福島、茨城、栃木各県で震度5弱を観測したと発表されています。

大きな被害は出なかったらしいですので、良かったです。

しかし、2016年になってからは全国各地で大きな地震が起きています。これは日本列島の地震活動が、活発になってきているということの証でしょうか。

近い将来に発生が予想されている南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震、また日本の何処で発生しても不思議でない巨大地震など、発生時期がより早まらないかと、益々心配になってきます。

日本は世界的にも有数の地震大国です。

地球を覆ているプレートの数は大きく分けて14~15枚と言われていますが、その内4枚が日本列島に存在しています。ですから、非常に地震が多いことが理解できます。

私たちが住んでいる日本列島がこんな状況ですから、近未来に発生する巨大地震を避けることは出来ません。

しかし、巨大地震が発生した後の事を考えて、万が一の時のために日ごろから備えをしておくことは可能です。

では、何故日ごろから備えをしておくのかということですが、巨大地震が発生した場合、ほとんどの地域で電気、水道、ガス等のライフラインが停止してしまうことがあります。

そうなると、飲料水、食料品等をあなたの近くのコンビニやスーパーへ買いに出かけると思います。

しかし、このコンビニやスーパーもあなたと同じように被災していますので、閉店していたり、開店していても食料品の棚には商品が何も無い状態の場合が多いです。

震災直後に救援隊や救援物資が届くのが、震災後2~3日くらいかかった地域があったことが、東日本大震災の時に判明しました。

つまり、震災直後のあなたが3日間生き抜くための災害備えが必要になってくるです。

災害の備えとして、防災セットを平穏な今の内に準備しておくことをお薦めします。

楽天ショップ販売開始早々ランキング1位を獲得した防災セットは、下記からどうぞ。

防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】

 

看護・介護のお仕事をお探しの方。お仕事が初めての場合は、派遣から始めてみませんか?

絶対生き延びてやる – 防災 食料 –

絶対生き延びてやる – 防災 食料 –

震災が起きるとほとんどの場合は、ライフラインがストップしてしまうことがよくあります。

ライフラインがストップすると言う事は、電気や水道が使えなくなってしまうのです。

やがて食料や飲料水も底をつき、不便な生活を余儀なくされます。過去の経験から、巨大地震などの震災直後の3日間は、救援隊や救援物資などは届かない地域があったことが判明しています。

しかも、避難生活を強いられることになれば、共同生活となり、精神的、肉体的にも疲労やストレスが溜まってしまいます。

もし、自宅での避難生活が出来るのなら、疲労やストレスは少しは軽減されますが、電気、水道、ガス等はもちろん使えません。もしこれが冬季の場合でしたら、寒さ対策も必要になってきます。

あなたがもし被災した場合(明日は我が身か?)、色々な場合を想定すると(凍えてしまうような時期、雨天が続く日等)、何も無しでは自宅での被災生活すら、不可能な状態になるのではないでしょうか。

電気が使えないので、携帯も使用できません暖房も出来ません

水や食料が尽きたからといって、コンビニに行っても被災していて、営業していません

まして一人暮らしでの被災は、誰も励まし合える人は居ないわけですので、最悪です。

こんな場合でも、自力で生き延びなくてはなりません。

周りの人も皆被災していて誰もが同じ条件です。頼る人は誰もいません。こうなった時の為には、震災直後の3日間を生き抜くために頼る物は、災害時に必要な道具(防災セット)しかありません。

何度も言いますが、この防災セットの中身は、震災直後の3日間を生き抜くためをコンセプトに作られています。

楽天ショップ販売開始早々1位を獲得した防災セットは、下記へどうぞ。


準備するなら今でしょう – 防災 グッズ 通販 –

準備するなら今でしょう – 防災 グッズ 通販 –

3.11の東日本大震災の時は、震災直後から電気、水道、ガス等のライフラインが2~3日間途絶える地域ありました。

この時に一度は、防災グッズを用意しておく必要があると思っていながら、準備するまでには至らずにそのままにしていた人達が、今回の九州・熊本を中心とする巨大地震を再び目の当たりにしてしまいました。

東日本大震災に続いて、今回も日本中を震撼させましたが、それがきっかけとなったようで、災害時に必要な道具今の内に用意しておけば安心と考えて用意する人がかなり増えてきました。

今後も、南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震等が近い将来に起きる可能性を指摘されていますが、とても心配されるところです。

ただ、日本に住んでいる以上は、何処でも巨大地震が起きる可能性があるということです。

その時、迫り来る巨大地震に備えて3日間を生き抜くための防災セットを、今の内から用意しておけば安心です。

今回お薦めする防災グッズは、楽天ショップ販売開始早々1位を獲得しました。


防災のプロである防災士が厳選した – 災害 用品 –

防災のプロである防災士が厳選した – 災害 用品 –

巨大地震が発生すると、ライフラインが途絶える場合が大半です。そうなると、自分で自分の命を守るために、3日間は食料、飲料水、生活用品は必ず確保しておく必要があります。

なぜ3日間生きるための災害時に必要な道具が必要になって来るのでしょうか。それは、震災直後の3日間は、救援隊、救援物資が届かない状態が続くことが過去の経験から証明されているからなんです。

しかし、3日間を過ぎれば救援隊などによる、復旧活動の手を差し伸べに来てくれることも分かっています。

つまりこちらでご紹介している災害用品は、震災直後にあなたが3日間を生き抜く為をコンセプトにして作成されています。

では、災害用品としてどのような物が必要になってくるのでしょうか。

食料、飲料水は当然の事ですが、今の時代になくてはならないもの、例えば、電気が無くても携帯やスマホの充電が出来る道具。

寒さから体を保護するエアーマットやブランケット等、31種類の防災アイテムが撥水加工を施した1つの防災リュックにまとめられています。

さらに、8才くらいのお子様でも背負える様にと、重量は約4.2kgと抑えております。

あなたやあなたの大切な家族を守る災害用品をおすすめします。

あなたが3日間を生き抜くための災害用品は、詳しくは下記へどうぞ。


今の内に揃えておきたい – 防災グッズ リスト –

今の内に揃えておきたい – 防災グッズ リスト –

東日本大震災の時には、防災グッズが必要と考えながらも、実際に用意までできた人は少なかったようです。

しかし2016年4月14日に発生した九州・熊本を中心とした巨大地震をきっかけに防災グッズを用意した人、あるいは今すぐにでも用意しようと考えている人は、かなり増えてきてきました。

ただ、防災グッズ(防災セット)を用意したとしても、その中身について実際に役立つものがどれくらい入っているのかは素人判断では難しいものです。

ここでプロの防災士の目線から見た防災グッズの中身は、いざという時に役立つものを揃えています

欲を出せばこれ以外にも、あれば便利ものもありますが、必要最小限にしぼり、あなたが3日間を生き抜くためのみを考えたものです。

防災グッズリストは、下記のようになりました。

防水加工リュック ダイナモLED
ライト・ラジオ
モーリアンヒートパックM
(発熱剤3個入)
布製軍手 ホイッスル ロープ
万能ナイフ レインコート カット綿
絆創膏(大) 絆創膏(小) 歯ブラシ
綿棒 テープ ピルケース
ウェットティッシュ マスク ポーチ
三角巾 包帯 アルミブランケット
使い捨てカイロ ウォータータンク 簡易トイレ(1回分✕3)
エアーマット ラップ レジャーシート
5年保存水(500ml)✕3 アルファ米✕3 防災マニュアル(PDF)
micro USBケーブル Lightningケーブル ID用紙

今回おすすめする防災グッズ3つのおすすめ理由には、上記リストに掲げた物全てが入っていて、尚且つ重量4.2kgと軽量化した防水リュックサックに収められています

今の内に揃えておきたい防災グッズは、下記からどうぞ。
防災グッズなら楽天1位獲得の【ディフェンドフューチャー】

防災グッズ3つのおすすめ理由

防災グッズ3つのおすすめ理由

震災は前触れもなく突然やってきます。もし今、あなたの住んでいる場所で震災が起こったら、真っ先に何を思いつきますか?

まず自分の身の安全を確保して、次に思いつくのが家族の身の安全がどうなっているのか、なのではないでしょうか?

その次に直ぐに思いつかないといけないのは、自分や家族が生き延びる方法です。

たとえ地域のコミュニティーが強固な所でも、震災直後という時は、お互いの助け合いよりも、自分を守ることに優先順位をおいて、自分の事だけで精一杯になっている場合が多いです。

この様な状態はしばらく続きます。おそらく3日間くらいは、自分で自分の命をつないでいく必要にせまられます。そこで防災グッズがおすすめです。

おすすめ理由①

この防災セットには防災のプロである防災士が厳選した31種類のアイテムを揃えていて、あなたが3日間生き抜くことをコンセプトにしています。

なぜ3日間生き延びるための防災セットが必要かは、震災直後の2~3日間は救援隊や救援物資が届かないことがあるからです

おすすめ理由②

防水加工されたリュックサック一つに全て詰め込まれていて、しかも小学生でも普通に背負うことが出来る重量4.2kgと軽量化されています。また商品到着後、レビュー記入で5年間保証が付きます。

おすすめ理由③

楽天ショップ販売開始早々ランキング1位を獲得しただけあって、今非常に売れています。

震災直後、自分の身の安全が確保されても、しばらくの間は自力で生きていかなくてはなりません。その時の為に防災グッズを是非ご用意されておけば安心ではないですか。

震災直後の3日間を生き延びる為の防災グッズは、下記からご検討下さい。
防災グッズなら楽天1位獲得の【ディフェンドフューチャー】

これだけは準備 防災グッズ

これだけは準備 防災グッズ

阪神淡路大震災と東日本大震災の経験から、電気、水道、ガス等のライフラインは震災後から2~3日間途絶える地域ありました。

こんな経験からご紹介する防災グッズは、震災直後にあなたが3日間生き抜くためコンセプトにしております。

では、なぜ3日間なのでしょうか。

それは過去の経験から、震災後3日間の衣食住は自分で確保しなければならない場合が多かったのです。そうなれば、救援隊や救援物資などの到着を待って、それ以後からの援助が始まります。

つまり3日間生きるための水と食料があればもちろんのこと、3日間だけ生きるための必須アイテムがあることが重要なのです。

また、この様な状況下が冬季の場合は、防災用エアーマットとアルミブランケットなどの身体を保温、保護してくれるものがあれば、寒くて眠れないのを解消できます。

この必須アイテムこそが防災グッズと呼ばれていて、災害用品をセットにして撥水加工されたリュック一つに収められた物です

この防災グッズは、重さ約4.2kgと軽量で、小学生が普段使っているランドセルと同じ位ですので、女性や8歳くらいの子供でも担いで動き回ることができます。

今回九州・熊本を中心とした大震災以後、ますます防災意識が高まってきていますが、その割には防災グッズを準備している人は、まだまだ少ないようです

防災訓練も全国各地で活発に開催されている所も多いです。

地域によってはコミュニティーが強固な所は、訓練中に自宅から一次集合場所、二次集合場所へと誘導して最終は避難場所へ避難する所まで、具体的な訓練が行われている所もあります。

またその避難場所では、消防署の人を呼んで防災についての話もあります。ここまでは、一般的な防災訓練なのですが、この後もう少し具体的な防災上の持ち物等の話があれば良いのですが、ほとんどありません。

せっかく防災訓練をしているのですから、そのついでに防災グッズの説明がその場でなされると、もっと防災訓練の意味が増すのですが実際に防災訓練で防災グッズの説明はされないのが多いです

出来れば避難誘導の時に、各自が防災リュックを担いで避難訓練をすると、もっと防災訓練も具体性が増すのではないでしょうか。

近い未来に予想されている巨大地震には、南海トラフ巨大地震、首都直下型巨大地震が有名ですが、その他にも、日本の何処に住んでいても巨大地震が発生する可能性があると言われています。

この様な巨大地震は広範囲に被害が拡大すると言われていますが、今の内に大震災に備えて、災害時に必要な道具である防災グッズをあなたもこの機会に是非ご準備されることをオススメします。

防災グッズは通販で沢山の種類がありますが、防災のプロであるの防災士が厳選した36点をセットにしたもので、しかも防災士の店長がお店で販売されています。

また、商品到着後レビュー記入で5年保証が付いている物はこの防災グッズだけです。

おすすめの防災グッズは下記からどうぞ。