カテゴリー別アーカイブ: 防災 対策

発生が予想されている南海トラフ巨大地震に備えて 防災対策

発生が予想されている南海トラフ巨大地震に備えて 防災対策

今後発生が予想されている南海トラフ巨大地震では、30年以内に70%位の確率で発生すると言われています。

でもその発生が実際に何年後の何時になるのかは、誰もが分かりません。

以前から地震予知は難しいと言われていますが、実際に発生するまで私達にはどうすることも出来ないのが現状です。

将来に発生する事が予想されいる南海トラフ巨大地震や首都直下型地震、その他日本の何処で巨大地震が起きても不思議でないとまで言われているほど、日本は地震大国です。

これらの巨大地震の発生を止めることも出来ず、どうする事も出来ないのが私達です。

しかし発生してからの対処法を準備しておくのとおかないのでは、その後の生活に大きな違いが出てくる場合があります。

これは非常に大切な事ではないでしょうか。

その方法の一つとしてお考え頂きたいのは、防災グッズを準備しておくことです。

この防災グッズは、震災直後の3日間を生き抜くためのとても必要なものです。

日本の住宅のほとんどが消火器を設置しているのに、この防災グッズは設置されているのがまだ少数と聞いています。

記憶に新しいところでは、阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などが発生していますが、それでも防災グッズの設置は意外と少ないのが残念ですね。

東日本大震災の経験では、震災直後の3日間は救援物資や救援隊の到着が遅れた地域がありました。

しかし、今後発生が予想さている南海トラフ巨大地震は、東日本大震災よりもさらに震災が広範囲になる事が予想されています。

そうなれば、震災直後の3日間どころではないかも知れません。

その為にも、防災グッズはあなたを守る為の道具として、今から常備されてはどうでしょうか?

防災グッズなら楽天1位獲得の【ディフェンドフューチャー】

 

 

あなたに合った介護職を見つけてみませんか?

今の職場に限界を感じている方の為の地域密着の介護求人

 

 

嫌と思っていても、何もかもが不便になる 防災 対策

嫌と思っていても、何もかもが不便になる 防災 対策

あなたの立場で、ちょっとこんな事考えてみて下さい。

今まで当たり前の様に使っていた、電気、水道、ガス等のライフラインがピタッとストップしまうと、あなたにとっては未知の世界に入った様に不便な生活を強いられます。

停電しているから、夜は暗闇で懐中電灯やローソクの灯りが頼りになり、水道も止まっている為、ご飯も炊けない、ガスも止まっているから調理も出来ない。

もちろん震災時に一番困ること、トイレが使えない。シャワーすら出来ない。

この時が、2月の極寒の時期なら寒さで震え上がることも考えられます。

全て今まで普通に使っていたものが、使えないので、この時ばかりはライフラインのありがたみがよ~く分かる時です。

ライフラインが閉ざされた生活等考えられないかも知れませんが、もしあなたの周りで巨大地震が発生して被災したら、実際こんな感じになると予測されます。

最近では、熊本の巨大地震、鳥取の巨大地震と続けて同年に発生しましたが、被災された人は全く予測もされてなかったはずです。

今度巨大地震が発生して被災するのは、明日は我が身かと謙虚に受け止めて心の準備をしておく必要があるのではないでしょうか。

日本は地震大国と言われているくらい地震が多い国です。

近未来に発生が予測されている南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震、また日本全国の何処で起きても不思議ではない巨大地震に、私たちはいつも前向きで立ち向かわないといけないのです。

巨大地震等の自然災害に対しては、私たちはほとんどなす術がありません。

しかし、震災時にあなたの命をまもる災害セットを防災対策としてあらかじめ準備しておけば、災害が起こってからしばらくは自力で生活することが可能です。

日頃から防災対策として何も準備していない場合は、もしもの時にはどうしようもありません。

何故なら東日本大震災の時には一部の地域で震災直後の3日間は、救援隊や救援物資などの到着が遅れた場合があったからです。

つまり震災直後の3日間を生き抜くための防災セットを準備しておけば、救援隊や救援物資が遅れても3日間は自力で生き延びることが出来ます。

そこで、各ご家庭に消火器が設置されているように、防災セット(災害セット)も設置する必要があるのではないでしょうか。

楽天ショップ販売開始早々ランキング1位を獲得した防災セットは、下記からどうぞ。


 

あなたが思うように介護の仕事が見つからないとお悩みでしたら、是非下記サイトをご利用ください。

あなたのイメージ通りにピッタリ合う介護の仕事