今の内に用意しておけば安心 – 避難 準備 持ち物 –

今の内に用意しておけば安心 – 避難 準備 持ち物 –

東日本大震災の時に、防災グッズの必要性を感じながら、ついつい今まで準備するのを先延ばしにしてきた人も多かったみたいです。

しかし、先日の熊本を中心とする巨大地震以降から、準備する人がかなり増えてきています。

今回の熊本を中心とする巨大地震では、活断層が日本列島を東の方向に繋がって延びていることが発表されてから、南海トラフ巨大地震、首都直下型巨大地震などとの関連性が危惧されています。

防災グッズとしてこれだけは準備される人が増えてきたのは、やはりこの南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震を真剣に心配している人が増えてきたからだと思われます。

今後いつ起こるともしれない南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震ですが、地震学者の間では、いつ起きても不思議ではないと言われています。

もし南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震が起きた場合、その被害は計り知れないと言われています。

それだけに、当然被災者の数も相当数出るわけですから、救援隊や救援物資の到着も、今までの東日本大震災の時や熊本を中心とする巨大地震の時よりも、もっともっと遅れる可能性があります。

もし地震が起きたら、地域のコミュニティが一番大事になってきますので、地域の皆が協力し合っていかなければなりません。

しかし、この様な巨大地震の場合、地域の住民皆が被災者となってしまいますので、当面は自分の身の安全や家族の身の安全は、全て自分たちで確保しないと誰も助けてくれる状況ではないってことになります。

災害時に必要な道具である防災グッズ は、非常時に役だつ物とばかりです。

しかも、防災グッズの中身の一部である飲料水と食料品5年間保存がきく物であるため、緊急避難をした時に賞味期限切れだったという心配はありません。

震災直後にあなたが3日間を生き抜くための必需品として、今から用意しておくのが賢明かと思います。

3日間を生き抜くための防災グッズは下記からどうぞ。



防災のプロである防災士が厳選した – 災害 用品 –

防災のプロである防災士が厳選した – 災害 用品 –

巨大地震が発生すると、ライフラインが途絶える場合が大半です。そうなると、自分で自分の命を守るために、3日間は食料、飲料水、生活用品は必ず確保しておく必要があります。

なぜ3日間生きるための災害時に必要な道具が必要になって来るのでしょうか。それは、震災直後の3日間は、救援隊、救援物資が届かない状態が続くことが過去の経験から証明されているからなんです。

しかし、3日間を過ぎれば救援隊などによる、復旧活動の手を差し伸べに来てくれることも分かっています。

つまりこちらでご紹介している災害用品は、震災直後にあなたが3日間を生き抜く為をコンセプトにして作成されています。

では、災害用品としてどのような物が必要になってくるのでしょうか。

食料、飲料水は当然の事ですが、今の時代になくてはならないもの、例えば、電気が無くても携帯やスマホの充電が出来る道具。

寒さから体を保護するエアーマットやブランケット等、31種類の防災アイテムが撥水加工を施した1つの防災リュックにまとめられています。

さらに、8才くらいのお子様でも背負える様にと、重量は約4.2kgと抑えております。

あなたやあなたの大切な家族を守る災害用品をおすすめします。

あなたが3日間を生き抜くための災害用品は、詳しくは下記へどうぞ。