日頃から備えを 防災 グッズ 必要 な もの

日頃から備えを 防災 グッズ 必要 な もの

2016年11月22日に福島県沖で発生したM7.4の地震では、福島、茨城、栃木各県で震度5弱を観測したと発表されています。

大きな被害は出なかったらしいですので、良かったです。

しかし、2016年になってからは全国各地で大きな地震が起きています。これは日本列島の地震活動が、活発になってきているということの証でしょうか。

近い将来に発生が予想されている南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震、また日本の何処で発生しても不思議でない巨大地震など、発生時期がより早まらないかと、益々心配になってきます。

日本は世界的にも有数の地震大国です。

地球を覆ているプレートの数は大きく分けて14~15枚と言われていますが、その内4枚が日本列島に存在しています。ですから、非常に地震が多いことが理解できます。

私たちが住んでいる日本列島がこんな状況ですから、近未来に発生する巨大地震を避けることは出来ません。

しかし、巨大地震が発生した後の事を考えて、万が一の時のために日ごろから備えをしておくことは可能です。

では、何故日ごろから備えをしておくのかということですが、巨大地震が発生した場合、ほとんどの地域で電気、水道、ガス等のライフラインが停止してしまうことがあります。

そうなると、飲料水、食料品等をあなたの近くのコンビニやスーパーへ買いに出かけると思います。

しかし、このコンビニやスーパーもあなたと同じように被災していますので、閉店していたり、開店していても食料品の棚には商品が何も無い状態の場合が多いです。

震災直後に救援隊や救援物資が届くのが、震災後2~3日くらいかかった地域があったことが、東日本大震災の時に判明しました。

つまり、震災直後のあなたが3日間生き抜くための災害備えが必要になってくるです。

災害の備えとして、防災セットを平穏な今の内に準備しておくことをお薦めします。

楽天ショップ販売開始早々ランキング1位を獲得した防災セットは、下記からどうぞ。

防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】

 

看護・介護のお仕事をお探しの方。お仕事が初めての場合は、派遣から始めてみませんか?

巨大地震で被災した場合の準備は出来ていますか? 非常 袋

巨大地震で被災した場合の準備は出来ていますか? 非常 袋

日本は地震大国と言われていますが、本当に地震の多い国ですね。

それだけに、私たちはいつかは被災するかも知れません。これからも、私の所は大丈夫などと安心していてはいけません。

明日は我が身かと、少し危機意識を持た方が良いです。

2016年を振り返ると、九州・熊本を中心とした巨大地震が発生しました。それに続いて鳥取県でも発生しましたので、突然に発生する巨大地震の恐怖に日本中が震え上がった一年でもありました。

地殻変動というのが私たちには分からないだけに、非常に不気味です。

今後日本の何処でその牙を剥い巨大地震を発生させるのか、本当に心配になる今日この頃です。

地震大国ですから微弱地震も含めると日常茶飯事発生していますが、巨大地震は忘れた頃にしか発生しない為、その時は恐怖でしかありません。

今後発生が予想されている巨大地震として、近い将来に南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震、その他に巨大地震が日本の何処でも発生する可能性があると言われています。

つまり日本に住んでいる以上は、何処が安全とは言い切れないのではないでしょうか。

自然災害ですから私たちの力ではどうすることも出来ませんが、せめて被災した場合の準備だけはしておくに越したことはないと思います。

その為の準備として、非常持ち出し袋と言われている、防災セットが入った防災リュックが必要になってくるのです。

震災直後の2~3日間は、救援隊や救援物資が届かない地域が発生する可能性があります。

その為にしばらくは、あなたに誰も救いの手を差し伸べてくれる人がいないと思ってもらった方がよさそうです。

この非常袋(防災リュック)は、仮に被災した時に、あなたが3日間生き抜くための道具となります。

軽くても中身はしっかり揃っています。その中身は、食料、飲料、被災時の生活に最低限必要な物、防寒対策品等、被災された人の声を元に、防災のプロである防災士が厳選して作り上げたものです。

楽天ショップ販売開始早々ランキング1位を獲得した防災リュックは、下記からどうぞ。

 

介護のお仕事をお探しの方は下記からどうぞ。

介護の仕事をするのに無資格でも可能です。

嫌と思っていても、何もかもが不便になる 防災 対策

嫌と思っていても、何もかもが不便になる 防災 対策

あなたの立場で、ちょっとこんな事考えてみて下さい。

今まで当たり前の様に使っていた、電気、水道、ガス等のライフラインがピタッとストップしまうと、あなたにとっては未知の世界に入った様に不便な生活を強いられます。

停電しているから、夜は暗闇で懐中電灯やローソクの灯りが頼りになり、水道も止まっている為、ご飯も炊けない、ガスも止まっているから調理も出来ない。

もちろん震災時に一番困ること、トイレが使えない。シャワーすら出来ない。

この時が、2月の極寒の時期なら寒さで震え上がることも考えられます。

全て今まで普通に使っていたものが、使えないので、この時ばかりはライフラインのありがたみがよ~く分かる時です。

ライフラインが閉ざされた生活等考えられないかも知れませんが、もしあなたの周りで巨大地震が発生して被災したら、実際こんな感じになると予測されます。

最近では、熊本の巨大地震、鳥取の巨大地震と続けて同年に発生しましたが、被災された人は全く予測もされてなかったはずです。

今度巨大地震が発生して被災するのは、明日は我が身かと謙虚に受け止めて心の準備をしておく必要があるのではないでしょうか。

日本は地震大国と言われているくらい地震が多い国です。

近未来に発生が予測されている南海トラフ巨大地震や首都直下型巨大地震、また日本全国の何処で起きても不思議ではない巨大地震に、私たちはいつも前向きで立ち向かわないといけないのです。

巨大地震等の自然災害に対しては、私たちはほとんどなす術がありません。

しかし、震災時にあなたの命をまもる災害セットを防災対策としてあらかじめ準備しておけば、災害が起こってからしばらくは自力で生活することが可能です。

日頃から防災対策として何も準備していない場合は、もしもの時にはどうしようもありません。

何故なら東日本大震災の時には一部の地域で震災直後の3日間は、救援隊や救援物資などの到着が遅れた場合があったからです。

つまり震災直後の3日間を生き抜くための防災セットを準備しておけば、救援隊や救援物資が遅れても3日間は自力で生き延びることが出来ます。

そこで、各ご家庭に消火器が設置されているように、防災セット(災害セット)も設置する必要があるのではないでしょうか。

楽天ショップ販売開始早々ランキング1位を獲得した防災セットは、下記からどうぞ。


 

あなたが思うように介護の仕事が見つからないとお悩みでしたら、是非下記サイトをご利用ください。

あなたのイメージ通りにピッタリ合う介護の仕事